スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「COMITIA100」 購入した物の感想及び当日レポート

Category : 同人イベント

★この記事ではCOMIC1☆6の記事と同様に、当日購入した物の紹介や短い感想、そして当日のレポートを書いています。

5月5日、東京ビッグサイトで一次創作オンリーの同人イベント、「COMITIA100」が開催されました。
記念すべき100回目の開催で、通常より規模を2倍に拡大して開催された本イベント。応募したサークルは全て当選していたそうです。

そしてその中にはモンスターサークル「竹箒」も含まれていたわけで…

COMITIA100特設サイトはこちら
COMITIA100特設サイト

comitia100_00

東京ビッグサイト。いつもの場所です。国際展示場駅から結構歩くのでここに着いた時点で既に足が痛くなっていました…。




comitia100_01

記念すべき100回目だからか今回はイラストレーターを起用せず、シンプルな紅白の表紙になっていました。
通常よりページが増えており、かなり分厚い。



サークル名:竹箒
作品名:「春と月と空と」

comitia100_02

いきなりですが今回のイベントで最も人が並んだであろうサークルです。

内容は前半がカラーの設定集、後半が線画の設定集となっており、特に後半は空の境界の情報が多め。
既に行われたufotable原画展で公開されていたイラストなども多く(というかそれが全て?)含まれていたみたいですが、内容は凄く良い。

TYPE-MOONのファン、とりわけ空の境界が好きな人なら必携の一冊になっています。
当初は委託されるか不明で、高額の転売品が数多く流れた作品。ホントそれ目的で並んでる人は何やってんだか…。
検討中だったものの無事に委託されることになり、とらのあなでは既に予約が始まっています。

とらのあなの通販ページはこちら
「春と月と空と」通販ページ

この本に関する情報はここを見ると分かりやすい
アキバBlog



サークル名:ホンノキモチヤ
作品名:「今夜はゆっくりビールを飲もう。」

comitia100_03

ビール情報誌。ガチガチの情報誌という訳ではなく、漫画やイラストもあるため読みやすい。
ビール作りの体験記もあり、ビール好きにはオススメの一冊。

通販ページはこちら
今夜はゆっくりビールを飲もう。



サークル名:ETC×ETC
作品名:「HANA-DI

comitia100_04

鼻血×女の子な本。装丁が凝っており、表紙の鼻血の部分は立体印刷になっています。
中表紙の仕掛けもGOOD。

鼻血を出した女の子というのは現実でも2次元でも中々見ることが難しいと思います。
この本はオール鼻血娘で出来ているので堪能してみてください。

個人的にはP34、小川ひだりさんのイラストに強く惹かれました。

通販ページはこちら
とらのあな
メロンブックス




サークル名:スタコライダー
作品名:「勇者と魔王 カラー素材集設定編」「勇者と魔王 2012春号」

comitia100_05

サークルチェックで初めて知ったサークル。
絵として、そして漫画としての質が高い。人外娘が好きな人なら興味を持てる本です。



サークル名:十三妹
作品名:「日曜日の八百屋 完成版」

comitia100_06

面白そうなゲームだったので購入。レビューはクリアしたら別途記事にして書きます。



サークル名:えーでるわいす
作品名:「Astebreed Ver.COMITIA100」

comitia100_07

今回で3作目となるアスタブリード体験版。敵のグラフィック追加やボスグラフィックのリファイン、リアアサルトの攻撃方法変化など着々と完成に向けて開発が進んでいる様子。

余裕があれば別途レビューします。



サークル名:サボテンカラー
作品名:「MIMIMI」「Re:MIMI」「藤花御伽・管々飯綱合併本」

comitia100_08

ケモノ耳女の子な本。画力はまだまだ発展途上。話も連作物の途中なのかよく分からず…。
最近はモバマスにハマっており、次の本もモバマス本だとか。



サークル名:大陸間弾道少女
作品名:「girl × food」

comitia100_09

まさしく「今風」な感じの若々しい女の子を描いている。
色と影の使い方が上手く、見易い。今後にも期待。

食べ物がイラストのアイテムの一つだったので、もっと食べている絵があっても良かったかも。



サークル名:色漆
作品名:「さくら変奏曲」

comitia100_10

桜と姉妹と情事。表紙の艶やかさとは裏腹に話は夜の静かな波間のように進んでいく。

半和風半洋風の独自の世界観を展開しており、近親相姦にタブーは一応無し、男性同士、女性同士でも結婚できなおかつ子を宿すことも出来るという現代の常識を覆すような設定には驚いた。

通販ページはこちら
メロンブックス通販ページ



サークル名:SayuSTUDIO
作品名:「パスタと休日vol.1」「パスタと休日vol.2」

comitia100_11

vol.1の方は本当に普通の料理本。料理をする人なら良いが、同人誌としての旨みがあまり無かったりする。
それに対しvol.2は料理レシピの他に小説やイラストがあり、同人誌としての質が増した作品。



サークル名:KNOTS BAND
作品名:「KNOTS FUTURES.EP」「クルミくんNO FUTURE」

comitia100_12
comitia100_13

このサークルの代表のノッツさんは歌手なのに漫画もバッチリ描いており、商業誌にも作品が掲載されるという不思議な人物。

CDは後日聞くので今回は漫画の感想を。

まずは枠の中にこれでもか!というくらい詰め込まれた文章量に驚く。
4コマなのに普通の漫画よりも文章があるんじゃないだろうか。

また、この本には超能力を有している人物が登場するが、それぞれ射精、放尿、流血中でなければ能力を発動出来ないという不憫な設定。

それぞれの登場人物の掛け合いで話が進むドタバタコメディ。
文章量の多さでちょっと読むのが疲れるけど、全体的に良く出来ているので面白い。



サークル名:MISHAORU
作品名:「さよならの森」

comitia100_14

クロスフェードデモで気になり購入した作品。
後日聴きます。



サークル名:ねこのて
作品名:「がま口財布(小)」

comitia100_15

手ぬぐい素材のがま口財布や小物入れなどのグッズを扱っていたサークル。
見た目と肌触りの良かった物を購入しました。日常的に使っています。



サークル名:山川田園風景
作品名:「彼女たちのマイルストーン」「マイスピリッツオーダー<Outside>」「マイスピリッツオーダー<Inside>」

comitia100_16

引きこもりの女の子とフリーターな男の話。漫画+ショートストーリー。
画力は発展途上。ストーリーも短いものの、女の子のキャラが立っているので作品としての出来は良い。
しかし異母兄弟という設定は必要だったのだろうか。



サークル名:goo-paaa
作品名:「oasissiesta-うみがめ編-」「esの窓辺」

comitia100_17

COMITIA100で唯一買った18禁本。普段はDARKER THAN BLACKの同人誌を描いているサークルらしい。
画力が高い。



サークル名:Novectacle
作品名:「ファタモルガーナの館体験版Ver1.21」「霧上のエラスムス」

comitia100_18
comitia100_19

ファタモルガーナの館というサスペンスノベルゲームを製作中のサークル。
こちらも後日クリアしたらレビューを書きます。



サークル名:AudioSpace R&Y
作品名:「MP3」

comitia100_20

表紙にも書いている通りの少女×音楽プレイヤーな本。
情報本というよりはイラスト本。イラストの質は高く良い感じ。



・当日レポート

開場は11時でしたが、かなり余裕を持って10時くらいにはビッグサイトに着くように出発。
イベント前の高揚した気分は収まること無く、早く会場に着かないかなーと浮ついていました。そう、ビッグサイトに到着するまでは…。

まず異変に気付いたのが国際展示場駅に着いてから。
なんだこの人の数は…!と思うくらいの人、

どうやら予想していた以上にCOMITIA100は凄い事になっていた様子。
同時に開催されていたカードファイト!!ヴァンガードのイベントにも数多くの人(主に親子連れ)が訪れていたため、それも原因の1つでしたが。

で、ビッグサイトの中に入ってからもさぁ大変。一般参加者の列がどこなのかさっぱり分からない。

というのも、サークル参加者の列がとても長く、まるで一般参加者の列と間違えてしまうくらいの紛らわしさ。
スタッフの誘導も甘く、異常事態なんだなということが伝わり始めたのがこの頃。

連絡通路を抜け、通常は下に降りて東ホールに入るところをそのまま真っ直ぐ前進。
一度ビッグサイトの外に出てさらに進むとそこにはもうCOMITIAとは思えないくらいの人、人…!

通常のCOMITIA…少なくとも前回(COMITIA99)の比じゃないくらい人が並んでいるという事態に驚愕。
まだ開場まで1時間あるんだよ!どうなってんの!

「今日のCOMITIAはCOMITIAじゃない…」

Twitterではこんな言葉が数多く呟かれていたくらいです。

どうやらこの人の数は冒頭に書いたモンスターサークルの「竹箒」を目当てにしている人や、
その他久しぶりに参加する大手サークルを目当てにした人、単純に早く来て数多くのサークルを回る人で溢れていました。

天気はこれでもかと言うくらいの快晴
まさか外に並ぶとは思わず、差し入れとして持っていったお菓子が悲惨な事になっていたのは言うまでもない。
夏は溶けない物を持っていきます。



そのまま列に並んで待つこと1時間。やっと列が動き会場入り。
真っ先に向かったのはもちろん「竹箒」。事前に注目していたのもありますが、絶対に早期に売り切れると思っていたことと、この時点では委託があるか不明だったため、早めに行って買おうと判断。

会場入りして真っ先に向かったのにも関わらず、そこには既に長蛇の列。燦々と降り注ぐ太陽光線を身に浴びながら(日焼けしました)、そのまま並ぶこと約1時間半。

やっとの思いで手に入れたのがこの記事の最初の方に書いた本、「春と月と空と」です。

サークルスペースにはポストカードの元になった絵も置かれており、写真撮影がOKだったみたいなので自分も撮影。

comitia100_21

京都、春

comitia100_22

月の珊瑚

comitia100_23

空の境界

竹箒の新刊を購入後、注目サークルを巡回することに。
さすがに1時間半並んでいたのは大きなタイムロスか…?と思ったものの、
売り切れているサークルは殆ど無く、順調に買い物やサークルの人との交流が進みました。

各サークルの作者様売り子様、お忙しい中時間を割いて頂きありがとうございました。


・バッタリ

Astebreedを購入するために「えーでるわいす」へ赴いた際、偶然にも以前レビューした「Refrain」を制作したサークル、「RebRank」代表Yokoさんに遭遇しました。

こういった出会いが楽しめるのもイベントの魅力の一つですね。



つつがなくイベントも終了し、拍手をしてそのまま自分は帰宅。会場の片付けを手伝おうにも買った物で重量を増したカバンを持ち、会場内を練り歩いて疲れた脚では大変というか邪魔になるだけなので…。

ちなみにこの日は会場の片付け後、お酒が振舞われたそうです。

という訳でCOMITIA100、お疲れ様でした。
今度は目指せ200!ですね。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。