スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「RefRain ~prism memories~」 火力vs火力の弾幕破壊系STG

Category : 同人ゲーム

※4月23日 おまけ追加(店舗名が誤っていたので修正しました)

C81冬コミ同人ゲームレビュー20回目。
今回は同人シューティングゲーム、「RefRain ~prism memories~」(以下、リフレイン)をレビューします。

公式サイトはこちら(リフレインの体験版も有ります)
RebRank

このゲームの初出は2011年夏コミのC80。
デモ映像の華やかさ、人を惹きつけるデジタル音楽で多くの人が足を止めて見ていました。

夏コミの時は特に注目はしていなかったのですが(というかコミケ初参加でそこまで手が回らなかった)、
完成度が高い」「面白い」と各所で評判を見て購入を決定。

冬コミの時は誕生日席(島中の端)で設定資料集のプレビュー版とリフレインを頒布していたので、両方購入。

Refrain_01

厚紙の外箱。装丁がしっかりしている。
ただし大型のCDケースを入れるための外箱に通常サイズのCDケースが入っているので、
隙間は紙で埋めていました。




Refrain_02

シースルーディスク。スケスケ。
リーズナブルな価格設定(イベント価格1000円、同人ショップだと1500円くらい)なのに、
こんなに豪華でいいのだろうか。

Refrain_03

一部でカットイン演出が入るものの、ゲーム内の敵や自機は非生物。デジタルな世界観がより強調されています。

音楽もアップテンポなデジタル音楽が多い。耳に心地良く、覇気が上がる。

本作の特徴は、M.E.F.A2というボム的な攻撃と、
コンセプトリアクターという一部の弾を破壊可能なオブジェクトに変化させるシステム。

どちらもゲームを進めるうえで重要なので、チュートリアルはしっかりやっておくこと。



・自機について

選択出来るキャラ(機体)は3人。

・ミリア

Refrain_04

最初はこのキャラしか使えません。他の二人はある程度ゲームを進めないと使用することが出来ないので注意。
癖が無く使いやすい機体ですが、他の2機体に比べるとショットの火力不足な感じは否めず、攻撃範囲も狭い。
その分M.E.F.A2は火力と攻撃範囲が共に優秀。level2は道中で役立ち、level3や4は火力が高いのでボス戦を優位に進めることが出来る。


・ティ

Refrain_05

癖の強いキャラ。慣れるまでに時間がかかる。
道中は低速ショットでもりもり稼ぎながら楽に進むことが出来るが、
反面ボス戦では低速ショットが当てられない&M.E.F.A2の火力が低いので苦戦する。
ゲームに慣れた人向け。ただし使ってて最も楽しい機体でもある。


・ミューズ

Refrain_06

移動速度は遅いが、高速ショット、低速ショット、M.E.F.A2が総じて扱いやすい。
高速ショットは移動した方向でオプションの位置が変わる。前or横or後移動→ショットで攻撃範囲が変化する。
クリア向けの機体



Refrain_07

選んだキャラクターによってメニュー画面が異なります。
ミュージックプレイヤーの演出など細部まで手が込んでおり、「凄い」の一言。
ティのメニュー画面が音楽込みでお気に入り。


Refrain_08

弾幕はノーマルの時点で既に激しい。
しかしこちらにはM.E.F.A2があるので弾幕を「破壊」しながら進もう。

このゲームで重要なのは弾を避けるポイントを覚えるのではなく、弾を破壊するポイントを覚えること。
なので最初は凄く難しく感じますが、システムを理解するとそこまで難しくはなくなります。

ボス戦でM.E.F.A2のlevel3や4を撃つと敵はノックバック状態になります。急いで敵に接近し、メインショットを撃ち込むこと。
近い位置でショットを当てるほどM.E.F.A2のゲージ増加速度が上がるため、このゲーム必須のテクニックになります。

ただしノックバック状態でも攻撃してくる場合やノックバック状態が終わった瞬間に高速レーザーが飛んでくる場合もあるので、
そういった場面では無理に近付き過ぎない事。



・良い点

非常に完成度が高い作品であること。
パッケージやキャラクター毎に異なるメニュー画面、音楽や弾幕、自機の性能差など細かい所まで作りこまれている。


・悪い点

難しい。本作がSTG初体験、という人にはちょっとオススメ出来ない。
プラクティス(練習モード)が無い。


・バグや誤字など

特に無し。


・感想

難しい。が、面白い。

自分はデススマイルズ(iPhone)やScarlet Meister(PCの東方二次同人ソフト。一部の界隈では鬼畜弾幕で有名)、東方project作品(PC)などの弾幕系STGを主にやっていました。

東方project作品ではノーボムプレイを好んでやっていたこともあり、当初はM.E.F.A2を温存して弾幕を避けながらプレイ。

しかし本作は弾幕を避けることに重きを置いたSTGではなく、弾幕を破壊することに重きを置いたSTG

ノーマルの時点で「クリア出来ない!ムズい!」となり、M.E.F.A2を弾消し用途などでバンバン使うプレイに変更。
ある程度時間はかかったものの、全キャラノーコンティニューでラスボスを撃破することに成功しました。

M.E.F.A2を使わなくても進むことは出来ますが、ショットだけでは火力不足だったり弾幕がキツかったり。
避け重視のプレイでは本作をあまり楽しめないのでオススメしません。

M.E.F.A2を撃つ!ゲージを溜めてまた撃つ!を繰り返しながら進むのが基本になります。
イライラ棒(弾と弾の隙間を見つけて避けること)をしないで済むし、何より爽快感が段違い。

各種同人ショップで取り扱っているので、STG好きの方は遊んで損無し。
オススメです。


動画はこちら




・おまけ

Refrain_09

秋葉原の三月兎というお店で、リフレインを筐体で遊ぶことが出来ます(無料)。
PCでやるのとはまた違った感覚で面白いですよ。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。