スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「りぞばレポート~離島の旅館でリゾートバイト!~」 これが処女作とは…

Category : 同人ゲーム

C81冬コミ同人ゲームレビュー19回目。

冬コミのサークルチェック時に気になっていたサークル。
サイトデザインおよび体験版の出来が良かったので、一番に買いに行ったところでもあります。

アップデート後のVer1.10をクリアしたのでレビュー。

公式サイトはこちら
カイコクソフト

rizoba_r_00

パッケージ。黒髪の娘がメインヒロイン。


rizoba_r_01

タイトル画面。パッケージの上半分。
ギャラリーは初めから見ることが出来、CGを見ることで順次追加されていきます。


rizoba_r_02
rizoba_r_03
rizoba_r_04

環境設定画面。設定項目が多く、デザインも綺麗。


rizoba_r_05

通常の画面。立ち絵+画面下にメッセージウィンドウのタイプ。


rizoba_r_06

メッセージウィンドウの左端には喋っている人物の顔が映し出される。丁寧な作り。


rizoba_r_07

イベント絵の数もそれなりに多い。


rizoba_r_08

グラフィックは質が高く、どれも綺麗。
他の画像は公式サイトのギャラリーでどうぞ。


・良い点

環境設定画面が丁寧かつ見やすくて凄く良い。システムは◎。
グラフィック(イベント絵、背景、立ち絵など)が全体的にかなり綺麗。とても同人ゲームとは思えない出来。
適度なプレイ時間(絵の回収をしても8~10時間程度でコンプリート可能)
ボイス付き(メインキャラの女性陣のみ)


・悪い点

グラフィックなどが同人ゲームらしくない分、同人ゲームらしいアマチュア声優の起用に違和感が。普段の演技はまだしも、一部キャラのHシーンがかなりぎこちない。正直言って微妙
CVの読みミスが目立つ。
桜(キャラ名)の録音環境が悪いのか、ノイズが目立つ
一部のボイス中にクリック音が聞こえる。
一度アップデートしてる割には誤字脱字が多い。


・バグや誤字など

・テキストとCVの読みが異なる箇所

テキスト「男恐怖症と人見知りを」→読み「男恐怖症と人見知りを」(テキストミス)
テキスト「人類の半分は」→読み「人間の半分は」
テキスト「シッケた顔」→読み「シケッた顔」
テキスト「やってられか」→読み「やってられか」
テキスト「思っる証拠」→読み「思っる証拠」
テキスト「口に」→読み「口の中に」(2箇所)
テキスト「ついさっきまで」→読み「さっきまで」
テキスト「んなふうに」→読み「んなふうに」
テキスト「振られた同士」→読み「振られた同士」(テキストミス)
テキスト「わかるよ」→読み「わかるよ」
テキスト「あと腕の中」→読み「腕の中」
テキスト「一番じゃないかな」→読み「一番じゃないかな」
テキスト「恭也みたいな」→読み「恭也みたいな」
テキスト「感じいたい」→読み「感じたい」
テキスト「休憩した方が」→読み「休憩した方が」
テキスト「行ってまーす」→読み「行ってまーす」
テキスト「まずしっかり」→読み「まずしっかり」
テキスト「聞かれる」→読み「聞かれる」
テキスト「こんなとこ」→読み「こんなとこ」
テキスト「デートに」→読み「デートに
テキスト「一回はぐらい遊びたい」→読み「一回らい遊びたい」(テキストミス)
テキスト「ないじゃないすか」→読み「ないじゃないすか」(テキストミス)
テキスト「あばいていないと」→読み「あばいていないと」
テキスト「とろけてきちゃぅ」→読み「とろけちゃぅ」


・テキストミス

に受けないで下さい」→「に受けないで下さい」の間違い
「俺の力桜さんを」→「俺の力桜さんを」
両手の舌の動き」?
「味堪能」→「味堪能」
手つきが勝手に動いてしまう」→「が勝手に動いてしまう」の間違い
「触り心地だっだけど」→「触り心地だったけど」の間違い
「早く聞いてほしい」→「早く聞いてほしい」の間違い
「休みが重なるのは日は」→「休みが重なる日は」
「テレビみたことあるが」→「テレビみたことあるが」
「戯れてるだけあった」→「戯れてるだけであったor戯れてるだけだった
「眺めているぐらい精一杯」→「眺めているぐらい精一杯」
「正反対位置する」→「正反対位置する」
「 「ささ 」→「 「ささ 」かぎかっこが一つ余計
「方へ視線を」→「方へ視線を」
「腕の力抜くと」→「腕の力抜くと」
「伝わるほど」→「伝わるほど」
「姿勢整え」→「姿勢整え」
「一本という」→「一本という」
「言ってるわには」→「言ってるわには」
「違う」→「違う」
「だけぞ」→「だけぞ」
めてくる」→「めてくる」
「こぼれてしまう。」→「こぼれてしまう。」


・感想

処女作でこの出来は凄いの一言。価値相応には楽しめた作品。買って損無し。

これまでいろいろ書いたとおり、システム回りやグラフィック、サイトデザインなどが全く同人っぽくなく、知らない人には商業作品だと言っても疑われないのでは。というか作ってる方々の本職はそっち系なのだろうか。

ボイスに関しては有ると嬉しいけど、もっと実力のある人をキャスティングしてほしかったというのが本音。演技力をHシーンも含めて判定すると

碧>>>操>愛莉=沙弥>桜

という個人的評価になった。

ちなみに碧役の酉乃結衣さんは「後輩と後背位で交配してみた。」のヒロイン、八つ橋碧乃の中の人でもある。碧という文字がかぶっている…。

あと愛莉よりの選択肢を選ばないとそのキャラとH→バッドエンドというのは思い切りが良過ぎなのではないかと。バッドエンドでは後味が悪いし、それはそれでハッピーになっているので変な気分に。
それでも体験版にあったバッドエンドの画面演出が無くなっているからまだマシか。


いろいろと書いたが、この作品は十分に価値アリ。価格はそれ相応に高いが、同人ショップで見かけたら手にとってみてはいかがだろうか。また、ダウンロード販売も行なっているのでそちらも要チェック。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。