スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「killer7」 殺らねばならない奴がいる

Category : ゲームキューブ

ゲームキューブのゲームレビュー。
今回は隠れ過ぎた名作、「killer7」という作品を紹介。

公式サイトはこちら
killer7(公式)

ウィキペディアはこちら
killer7(Wikipedia)

killer7_00

結構レアGC版killer7。高い。今回の記事で興味を持った人がいたらPS2版を探してみると良いかも。



killer7とは何か?を簡単に説明すると、多層人格の殺し屋集団「スミス同盟」を操作してヘヴンスマイルという敵を倒しながらステージを進み、依頼対象であるボスを殺るゲームです。


killer7_01

多層人格のうちの一人、ダン・スミス。一番主人公っぽい。
途中から銃が変わり劇的に強くなる。


killer7_02

移動は1ボタン押すだけという手軽さ。移動中は斜め下からのアングルになります。


killer7_03

ヘヴンスマイル。画像のオーソドックスな敵以外にも多様な種類のヘヴンスマイルが出てきます。


killer7_04

ストーリーではアニメが挿入されることも。製作はXEBEC(輪廻のラグランジェ)とデジタル・フロンティア(バイオハザード ディジェネレーション)。
アニメの出来は秀逸で、雲男シナリオのアニメ(デジタル・フロンティア担当)は必見と言ってもいいほど。


killer7_05

教育的指導促進委員会会長(ヘッドマスターニートガール) アヤメ・ブラックバーン サバイブ。
こう見えて本作最強のボスだから困る。

・良い点

ストーリーがよく分からんけど凄い
キャラに個性があって魅力的。
音楽も良い。


・悪い点

中ボスや大ボスが一部を除いて弱く、簡単過ぎ。
ストーリーが難解過ぎて初見では理解不能。
アヤメの体力がおかしい(特に2戦目)。


・バグや誤字など

特になし。


・感想

須田ゲーの真髄、それがkiller7。

制作の都合上、ストーリーを大幅に削られたという本作。
良い点や悪い点にも書いている通り、ストーリーがよく分からんです
が、全く分からない訳では無いのでご安心を。

事実上最後のシナリオの「笑顔」は、このゲームの評価を著しく上げている物凄い内容になっています。

また、キャラの個性が皆立っており、容易に作品にのめり込むことが出来る。
ただしマスクドの贔屓っぷりは目に余るけど(須田さんはプロレス好き)。

PS2版をやってロードの遅さや規制表現にちょっとがっかりしたため、わざわざ高いGC版を購入。
結果としてはロードが爆速で規制表現も全く無しとかなり満足出来る作品でした。

ノーマルモードクリア→killer8(ハードモード)クリア→Hopper7(おまけモード)クリアとやり込みも完了。

興味を持った人は中古屋(PS2版でさえレア)やAmazon(買うならこちらが無難)で買ってやってみると良いかも。
「面白い」よりも「凄い」「格好良い」という感想が先に浮かぶ作品です。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。