スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いゲームは良いコントローラーから 第1回 「セガサターンコントローラー」

Category : ゲームコントローラー

「良いゲームは良いコントローラーから」

第1回 「セガサターンコントローラー」

唐突に始まった連載記事。不定期更新。
この連載記事では自分が使ったコントローラーに関しての情報や使用感想を書いていきます。

映えある第1回目は使いやすく耐久性に優れ、USB化も容易なサタコンをピックアップ。

iic_01_sscon01



・特長

サタコンは優れた方向キーと大きな6ボタンが特長になっています。
方向キーは大きく斜めの入力が簡単なため、STGや格闘ゲームに向いていると言われています。
ボタンの配置もアーケードスティックのようになっており、直感的。

iic_01_sscon02

方向キー拡大。

ちなみにサタコンの方向キーにもいろいろと種類があります。

iic_01_sscon03

写真右側の方向キーは初期型サタコンの物。十字の端が盛り上がっています。
写真左側の方向キーは後期型サタコンの物。十字の端がなだらかになっており、色も違います。
※中には方向キーの表面がザラザラとした粗悪品もあるため注意が必要。

使う人の個人差もありますが、RPGや格闘ゲームなどしっかりとした入力が必要なものは初期型、STGやアクションゲームなど移動が多いものは後期型が向いています。

拡大写真から分かる通り、今回買ったコントローラーは後期型ですね。


・入手方法

近くの中古ゲーム屋に行ってみましょう。置いている可能性があります。
昔々のゲーム機セガサターンのコントローラーなので安いかと思いきや、店によっては1500円以上で売られていることも。値段の幅は50円~2000円と幅広い。出来るだけ安いところを探そう。
※スケルトンタイプやPS2タイプは物凄く高いので買うのを控えたほうが無難。


・中古のコントローラーは洗おう

コントローラーを洗う?と疑問符を浮かべる人も多いでしょうが、中古で買ったということは誰かが使っていたということです。
汚れや傷、手脂などが付着し衛生上よろしく有りません。さっそく綺麗にしましょう。

手順1 爪楊枝で汚れを取る

iic_01_sscon04

こちらが買ったばかりのサタコン。ボタンの溝に汚れが溜まっています。


iic_01_sscon05

爪楊枝で汚れを取った後の写真。これだけでも大分綺麗になりました。ボタン以外にも汚い所があれば洗う前に爪楊枝で掃除しておきましょう。


手順2 分解する

さすがに丸洗いは出来ないので分解します。

iic_01_sscon06

分解には精密ドライバーを使用します。後ろにネジがあるので外しましょう。
この時ネジが固くてネジ穴が潰れてしまうことがあります。その時はネジ穴を作る工具を使うか分解を諦めましょう。


iic_01_sscon07

分解後。中のゴムが透明なこと、方向キー下のプラスチックが白色な事からもこのコントローラーが後期型であるということが分かります。(初期型はゴムが青色、方向キー下のプラスチックが半透明)


手順3 洗浄する

基盤以外の部品を洗いましょう。中性洗剤と古いスポンジor歯ブラシで部品を綺麗にします。


手順4 乾燥させる

洗った後は部品に付いた水をしっかり拭き取り、1~2日乾燥させましょう。

iic_01_sscon09

洗浄後。しばらくの間放置。


・組み立てよう

部品をしっかり乾燥させ、水分が残っていないことを確認出来たら組み立てます。
この時に分解前の基盤を使えばサターンコントローラー、USB基盤を使えばサターンパッド(通称サタパ)になります。

iic_01_sscon11

上のを組み立てた物。汚れが取れてピカピカになりました。


・使ってみよう

組み立てたコントローラーをセガサターン(持っていれば)やPC(要サタパ)などで使ってみましょう。
その使い心地の良さに驚くはず。

iic_01_sscon12

これが普段使っているサタパ。東方projectの作品や舞華蒼魔鏡、アスタブリードなどSTG作品はこのUSBコントローラーを使っています。

サタコンをUSB化したサタパは汎用性と実用性がかなり高いのでオススメ。
ただしセレクトボタンが必要なゲームだったりアナログスティックが必要なゲームは出来ないので、その時は違うコントローラーを使いましょう。

以上が第1回目のサタコンの紹介+αになります。
スポンサーサイト

コメント:

No title

これは・・後期型と言うよりも、粗悪な初期中国製ですねぇ・・
SEGAのロゴのところにTMと書いてあるのはこのモデルのみです。

初期型(日本製)は十字キーが大きく引っかかりやすいのが特徴で、
次に出た初期中国製がこれです。全体的にプラスチックの質感が違いツヤツヤ
している他、他とは入力の感触が大きく違います(ゴムが違うのはこのせいでしたか)
登場当初はニセモノかと疑っていました。

これが不評だったのか、改良版中国製・日本製は、初期版とほぼ同じになって
十字キーだけ少し小さめになりました。そのまま白サターンに移行しましたので、
後期~白までは安定品質ですね。

No title

初期モデルはMDの6Bと同じ欠点はありますが
それを補って余りある操作性ですね
引っかかりはシリコングリス塗布
駄目ならケース加工
それでも駄目なら接点ゴム穴あけ加工
6B同様リスクを犯してでも使いたくなる逸品です

でも格ゲ以外は勿体無いので白サターンパッド使ってます
それも勿体無いのでRPGやパズルはPSコン

16bit機最強のスト2であるダップラやりたいけど
6Bのスペアがもう無い…
非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。