スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年オロカと不思議の森」 映画の王道を往くノベルゲーム

Category : 同人ゲーム

C81冬コミ同人ゲームレビュー7回目。

サークルチェックの際、サイトデザインやキャラクターグラフィックに興味を持ち、
予告編PVを見て購入を決定した同人ゲーム。

今回の冬コミで発売されたノベルゲームの中でも大当たりな本作。
そのレビューになります。

特設サイトはこちら
少年オロカと不思議の森特設サイト

oroka00

パッケージ。このクレハはクールビューティーといった印象。
ゲーム中に出てくるクレハはショートヘアーですがパッケージはロング。キャラデザの変更?


oroka01

タイトル画面。ver1.01にアップデートしてからゲームをスタート。
Extraが最初から解放されていますが、選択出来るのは人物紹介だけなので悪しからず。


oroka02

クレハが所属するポルターピクチャーズの面々。


oroka03

オロカと共に行動する友人達。
話は主にこれらの人物の会話で進んでいきます。


oroka04

oroka05

クレハがバカ可愛くてたまらん。


oroka06

oroka07

顔芸担当悪役のレムリ。


・良い点

全キャラフルボイス。素人っぽい感じは全くせず、キャラに合っている。
描き手が複数人いるので違いはあるが、立ち絵の質がとても高い
BGMがオリジナル。完成度も高い。
オマケ要素やプレイした方へボーナスコンテンツを用意するなど、アフターサービスが充実


・悪い点

テキストでは「」で囲まれているものの、ボイスが入ってない箇所が極一部ある。ミス?
CVによっては録音環境が悪いのか、若干ノイズが乗っていたり(トー)、声が篭っているキャラ(レムリ、ペック)がいる。
イベントCGが一切無い。少しは欲しかった。
ムービーが入ると途端に画質が荒くなる。
テキストとCVの読みが異なる箇所や誤字脱字が非常に多い。


・バグや誤字など

・テキストとCVの読みが異なる箇所

テキスト「信じないなら」→読み「信じられないなら」
テキスト「健康に」→読み「健康に」
テキスト「のんびり話して」→読み「のんびり話して」
テキスト「なんなんだ」→読み「なんなんだ」
テキスト「一緒に付いてきてくれ」→読み「付いてきてくれ」
テキスト「話したり」→読み「話したり」(はなしたりと読んでいる)
テキスト「そんなんただの」→読み「そんなんじゃただの」
テキスト「沈黙の傾向」→読み「沈静の方向
テキスト「ま着てんかよ」→読み「ま着てんかよ」
テキスト「廃墟で騒動」→読み「廃墟で騒動」
テキスト「機材担いで」→読み「機材担いで」
テキスト「できーじゃねーか」→読み「できーじゃねーか」(テキストミス)
テキスト「ことに変わりない」→読み「ことに変わりない」
テキスト「役立たずどもが」→読み「役立たずどもが」
テキスト「近付いてんかもな」→読み「近付いてんかもな」
テキスト「急用思いだしから」→読み「急用思いだしから」(テキストミス)
テキスト「イタズラだったって」→読み「イタズラだって」
テキスト「嘘つくはず」→読み「嘘つくはず」
テキスト「いつも通りなんだけど」→読み「いつも通りだけど」
テキスト「かかってます」→読み「かかってます」
テキスト「長い夢を」→読み「長い夢を」
テキスト「出してる」→読み「出してる」
テキスト「それは無理」→読み「それは無理」
テキスト「オカルト少年と」→読み「オカルト少年と」


・テキストミス

「描いたシナリオでそうなるはず」→「描いたシナリオでそうなるはず」の方が自然
「クレハの表情は」→「クレハの表情は」の間違い
「重い空気どうにかしようと」→「重い空気どうにかしようと」
「しまったのが寝不足の原因」→「しまったのが寝不足の原因」
「彼ら悪名は」→「彼ら悪名は」
「正義の方」→「正義の方」の間違い?(チャプタータイトル)
「無数の埃が顔に顔に」→「無数の埃が顔に」の間違い
ロン「え…?…しらねえな…」の後のセリフ、「……」の名前表記がボリスになっているが、喋っているのはピーターのような
「分かることだった」→「分かることだった」の間違い
「床下のッチ」→「床下のッチ」の間違い
「地面に引きずれている」→「地面に引きずれている」の間違い
「無かった言っても」→「無かった言っても」
「巻き込続けるわけはいかない」→「巻き込続けるわけにはいかない」
「ぶん殴られたような衝撃」→「ぶん殴られたような衝撃」
「操縦をった」→「操縦をった」の間違い
「もしかした思い出して」→「もしかした思い出して」
「マッチに火に火を付ける」→「マッチに火を付ける」の間違い
「赤くれ上がっている」→「赤くれ上がっている」の間違い
「消」→「消」の間違い
「出来る者」→「出来る者」
印」→「バツ印」の方が自然
「映画というもに」→「映画というもに」の間違い
「それ何よりも」→「それ何よりも」
「役立た」→「役立た
「あるようだ、」→「あるようだ、」の方が自然


・感想

面白い。良いゲームだった。

ピクサーの映画作品を参考に話を組み立てていったらしく、万人受けする内容。

凄い映画を撮りたい!という情熱に溢れるクレハ。
演技をすることに疲れ、自分に対する自信を無くしてしまった少年。
お金儲けをしたいレムリ。

などなど、それぞれに抱えている問題や目的が明確に描写され、「だからコイツはこんな事をする」というのが至極分かりやすい。

登場人物の思惑や目的が交差して物語が生まれていく描写が上手く、自然に引き込まれて感情移入する。

イベントCGは無いものの、キャラクター達はセリフ毎に表情が変わったり、画面内を動き回るのでまるで映像作品を見ているよう。臨場感がある


oroka08

主人公であるクレハのキャラクターがブレないのも好印象。バカ可愛いし。



キャラ、音楽、グラフィック、ストーリー。
様々な人が様々な形でこのゲーム制作に関わっており、同人でここまでの物を作れるんだなぁとこのゲームを作り上げた方々の力量に感服し、改めて同人ゲームに対する思い入れが深まりました。



本作のメインテーマとも言える「トラッシュメーカー」を聴きながら本記事を作成。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。