スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】「LOST:SMILE(ロストスマイル) 1stEdition -BlueBirth-」(ver1.12) レビュー

Category : 同人ゲーム

pr_lostsmile_r_01

ある日レビューの依頼をされ、慎重に判断しよう…と思い体験版をプレイ。先行ラフ開発版なので立ち絵が真っ白なのにも関わらず、気が付いたら体験版で出来る事のほぼ全てをやってしまうほどハマったため、依頼を快諾したという経緯のゲーム、それがサークル名:Tears Of Mermaidの「LOST:SMILE(ロストスマイル) 1stEdition -BlueBirth-」です。ジャンルは恋愛ADV。

1stEditionというのはまだこれだけでは作品が完結しておらず、今後のイベントで後続のエディションが発売されるためです。1stEditionではタイトル画面左の美鈴(みすず)と右の純(じゅん)を攻略することが出来ます。

それでは作品の紹介及び、キャラ毎に感想を書いていきます。




【ゲーム画面】

pr_lostsmile_r_02

物語は主人公が子供の頃に訪れた島の夢を見る場面から始まります。舞台は本州から遥か南に位置する「星美島」という離島。沖縄の座間味島がモデルになっているそうです。

夢に導かれるまま特に目的も無いまま星美島に行くことを決めた主人公。島で出会う女の子達とのふれあいで話は進んでいきます。とりあえずそういうゲームなので何もせずともモテます。なんて羨ましい…。


pr_lostsmile_r_03

成り行きで滞在先となった民宿「真咲」のお手伝い兼、経営者の娘である真咲湊(まさき みなと)。メインヒロインっぽいですが、このエディションでは攻略が不可能なので、好感度を上げても無駄です。残念。

キャラクターの原画やデザインは4コマ漫画家の悠理なゆたという方が手がけており、クオリティは高いです。体験版をやってる時間が長かったので、キャラクターに色が付いてるのが新鮮でしたね。


pr_lostsmile_r_04

滞在中に何かとお世話になる喫茶バー「みひろ」のお姉さん、みひろ。湊と同じく攻略は出来ませんが、そもそも攻略ルートすらあるのか不明です。いろいろお気に入りのキャラなので…何かあってほしい!ドキドキな何かがあってほしい!


pr_lostsmile_r_05

pr_lostsmile_r_06

背景が凄い綺麗ですね。背景専用のスタッフは多く、力の入れ具合が分かります。


pr_lostsmile_r_07

攻略対象キャラその1、端堀美鈴(はたほり みすず)。おっとりした性格の女性で、やけに物知り。とある目的で星美島を訪れます。


pr_lostsmile_r_09

攻略対象キャラその2、与那嶺純(よなみね じゅん)。美鈴とは対照的に活発な性格をした元気な娘。島に住んでおり、選ぶ選択肢によってこの子の家庭に大きく関わることになっていきます。



【評価】

◎Good!
多くの人の手で長い時間作られているので全体的な品質が高い
背景がとても綺麗
キャラ毎に個別のエンディング曲がある
ボイスがキャラクターに合っており違和感が無い
ストーリーに破綻が無く筋が通っている

×Bad…
選択肢がとにかく多くルートによってはグッドエンドまでの難度が高い
メッセージウィンドウが透過率の高い青背景に白文字で基本的に読み難い
立ち絵の表示がその時喋っているキャラ1人だけなので画面が寂しい
風の音や波の音などの環境音量が調整出来ないのでとにかくうるさい
キャラクターの性格が全体的に明るすぎる(詳しくは個別の感想で)



【感想】

・美鈴ルート

pr_lostsmile_r_08

1stEditionでは2キャラの攻略が出来ると最初に書きましたが、美鈴の攻略を先にすることをオススメします。というのもこのルートの方がグッドエンド及びアフターストーリーを見るのが簡単であり、主人公の特殊能力についても触れているため作品を理解するのに良いからです。

美鈴はそれなりに重い設定のキャラクターであり、本人の口からそれについて少し語られ、詳しくは第三者から語られます。しかしこの第三者というのがクセモノで、本人の口から直接「辛かった」と聞くのではなく、第三者から「この子は今までこんなに辛い目にあってきたのよ」と言われるので同情の念というのがあまり持てません。

また、重い設定にも関わらず本人は極めて明るい性格なので…悲しさが足りない!というのが終盤で思ったことですね。ただし設定を逆手に取った描写があり、このキャラの話を進めていれば誰しも思うことを突き付けてくるのは話作りが上手いなと思いましたね。

沖縄をイメージしたであろうエンディング曲が作品及びルートにぴったりでとても良かったです。


・純ルート

pr_lostsmile_r_10_a

話に関係ない選択肢、選んだら話が終わる選択肢、分かり難いけど選ぶべき選択肢、一見影響が無いように見えてその実ありまくりの選択肢が入り乱れており、ルートに入るのは簡単ですがグッドエンドを見るのが結構大変なルートです。アフターストーリーはもっと大変なので、もしプレイしてスタッフロール後の話が見れずイベントCGが増えなかった場合は頑張って正しい選択肢を見つけてください。

純ルートは南の島で出会った女の子とキャッキャウフフー…な話と思いきや、何故かスポ根な展開になっていきます。人によっては肩透かしを食らうかもしれませんが、最終的には良い話になるので苦手だとしても頑張ってみましょう。グッドエンドになると…良いものが見れるかも?

美鈴ルートはやや特殊な話ですが、純ルートは正統派という感じがしましたね。キャラクターの好感度や話の展開、イベントCGの出来などはこちらの方が好みでした。あと何故この作品に出てくる大人の女性は皆可愛いのか。


という訳で2キャラを攻略して思ったことは2つ。

ロストスマイルという作品名の割にはキャラクターの悲しみが足りない!

大人(年上)が可愛い作品である!


ですかね。まだ完結してはいませんが、現時点で既に満足度が高い作品でした。



【宣伝】

ここからちょっと宣伝を。

このゲームの美鈴ルートが丸々プレイ出来るフリー版が今年の夏コミC88の三日目、2015年8月16日(日)の東地区Tブロックの01bで頒布されるそうです。無料なので、早めに行ってフリー版だけでも貰うことをオススメしますよ。純ルートをやりたい場合は作品をその場で買うべし!

次に作品自体について。製作責任者の別案件の都合で当初のスケジュールより進捗が遅れているそうです。既に1stEditionを終えた人やこの記事で存在を知ってプレイした人は続編を気長に待ちましょう。






以上、「LOST:SMILE(ロストスマイル) 1stEdition -BlueBirth-」のレビュー及び宣伝でした。

作品サイトはこちら
http://tom.justhpbs.jp/lostsmile/index.html

購入はこちらからでも出来ます
https://tears-of-mermaid.booth.pm/
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。