スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMITIA103で購入した同人誌の感想まとめ

Category : 同人イベント

comitia103_01

2月3日に東京ビッグサイトで一次創作オンリーイベントのCOMITIA103が開催されました。
直前に手術&入院があったので行けるかどうか怪しかったのですが、ギリギリ退院出来たので無事にイベント参加をすることが出来ました。

この記事ではCOMITIA103で購入した&無料配布で頂いた同人誌の感想を書いていきます。




【臨終サーカス】

comitia103_02

購入した本は「日本ぼさ子ちゃんいま物語1」と「日本ぼさ子ちゃんいま物語2」の2冊。
事前にチェックしていたサークルで、良いロリエロ漫画を描く好きなサークルさん。

今回の本ではエロ要素は無く、1巻目は日常&ファンタジーモノ、2巻目はバトルモノになっている。

謎のアパートに住む謎の住人が繰り広げる謎の話という謎だらけな設定。
読み始めたばかりだと突飛な登場人物達に面食らいますが、すぐに慣れます。また、キャラクターが生き生きとしているので読みやすい。

2巻目で急にバトル展開になりこれまた面食らいますが、演出などが良いため読み応えは有り。
話が完結していないので続刊を早めに読みたい!

コマ割りや演出、画力が良く、漫画としての質も高め。ページ数も多めで読後の満足感が高い。秋葉原のとらのあな5階やCOMIC ZINでも売れていた印象。
ちょっとごちゃっとしていて読みにくいページもありますが、オススメ。



【樂がきち】

comitia103_03

会場内を歩いている時に偶然見つけたコピー本「恐怖のまんが道(完全版)」。無料配布だったので頂きました。何故か2冊。
作者本人がいなかったのはたまたまだったのか、近くで見ていたのか…。

押切蓮介先生の影響を受けているのか画風がやけに似ている…気がする。押切蓮介先生の作品をあまり見ていないので何とも言えないか。

内容は「漫画って怖いよね」をテーマに作成した漫画らしく、苦悩とか苦悩とか苦悩を前面に押し出して話が進んでいきます。
初期版ではオチが酷かったものの、リメイク版である今回はハッピーエンドに。あと巻末の作者のあとがきが面白いw

基本的にはネガティブな内容ですが、同人誌らしい熱い漫画。多くの人に読んでほしい作品。

WEBであとがき含め全てのページを見ることが出来るので、興味を持ったらチェックしてみてください。リメイク前の初期版も読むことができますよ。

http://cobu333rakugakichi.jimdo.com/



【GRUMMANA & AMP】

comitia103_04

「すぴりっと魂 Vol.1」と「すぴりっと魂 Vol.2」。
会場内を歩いている時に見つけ、表紙とバイクの描き込み具合が気になって購入した作品。

以前は商業作品で活躍をされていた方らしく、メカの描き込みが凄い細かい。
反面、人間の方はイラストだと良く見えますが4コマだと性格付けや絵が微妙な感じに(収録されていた作品が若干古かったのもあるけど)。

ストーリーも起承転結が曖昧なので、少し読みにくい。
バイクが好きなら共感出来る所が多いかもしれない。



【ハイパーケトルイエスタデイ】

comitia103_05

前回のCOMITIA102の新刊である「ミス・パラレルワールド」。
前回は通院の予定がありイベントに参加出来なかったので、COMITIA103でやっと購入。

3人分の合同誌なので相変わらず同人誌にしては分厚い。今回の本はSFをテーマにした百合漫画らしい。
それぞれ未来、未来、現代(&過去の人物)の話という時間軸になっている。

正直な感想としてはSF漫画としても百合漫画としても内容が薄く、これまでの2冊に比べると見劣りするかな?といった印象。
ただ、個人的に今まで評価があまり良くなかったHKYメンバーのねがさんの漫画(巻初の「小学館」と巻末の「ミス・パラレルワールド」)が良いなぁと思えたのはこの本を読んだ意味があるというもの。
巻末漫画の「ミス・パラレルワールド」の背景に既刊の登場人物が背景として出てくるのもHKY同人誌の読者としては嬉しい。



【PURR】

comitia103_06

サークルカットを見て気になったものの、ほぼ表紙だけのコピー本(無料)。
絵は上手いと思う。



【だるらぼ】

comitia103_07

会場内を回り終えた頃に見つけた「秋葉原トイレガイド」。
秋葉原の使えるトイレをまとめた実用的な情報系同人誌。

行ってみると分かりますが、秋葉原駅周辺は広くて店が多い割に使えるトイレが全然無い!
それがこの本を読むと「意外とあるんだなぁ…」と思える不思議。これを読むか読まないかで秋葉原散策は大分変わると思いますよ。グルメ本よりよっぽど役に立つかと。

実際に秋葉原にこれを持って行って使ってみましたが、役に立ちましたし。

ただし情報は2012年12月のものなので、時間の経過で本の内容と異なる点が出てくることには注意。
あとカバーを取ると特殊な仕掛けが…。



【J-M-BOX】

comitia103_08

ティアズマガジンのプッシュ&レビューを見て気になった本、「マスク・ド・カノジョ!」。
作者は商業で成年向けの漫画を描いている高津さん。

内容は表紙のまんま、学園プロレスコメディといった感じ。
画力とセンスが非常に高く、4コマ漫画としてとても面白い作品。普通に連載してもいけそう。っていうか読みたい。

時折挟まれる実況が面白いw



【デジラボ】

comitia103_09

comitia101で買うかどうか悩むも結局買わず帰り、その後かなり悩んでやっぱり欲しいと思った同人誌、「○×△ちゃん」。会場内を歩き回り、「今回参加してるかなー…」と不安になりながらも探し続けて良かった!

セリフの無いサイレント漫画で、原始人の○×△ちゃん(名無しという意味)がハイエナ達と共に食料を探すコメディ漫画。

画力は高いし、めっちゃ面白いし、なぜ前回買わなかったのかと改めて思うほど。
こうゆう本に出会えるのがコミティアの良いところですね。



【後思案計画】

comitia103_10

立ち読みをして後ろ髪を引かれるような思いになったので購入した「美しい軋轢」。
どこかで見たような…?と思って調べてみたところ、東方の同人も描いているサークルらしい。

前半は落ちがシュールな漫画、後半は同窓会で会った成功している友人を妬む話。
前半よりもむしろ後半のインパクトが強くて買ったのかもしれない。

同窓会かぁ…



【Catchy☆One】

comitia103_11

表紙がイマイチなものの自分の嗜好に合っていたので購入した成人向け同人小説の「ストッキングとメイドさんとオシオキと」。コピー本。

冒頭のような感じで終始進んでくれればとても良かったのだけど、途中から普通のエッチシーンになってしまったのは残念。

話の構成やキャラ付けはよく出来ていたと思う。



次回のコミティアは5月ですが、北海道に戻るので参加は無理だろうなぁ。
コミティア99、100、101、103と参加してきたコミティア。毎回楽しく、そして良い本に出会えたイベントでした。
また機会があれば行ってみたいですね。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。