スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ParAdoX―パラドックス― vol.1 誘(イザナイ)」 レビュー

Category : 同人ゲーム

ホラーやサスペンス系のノベルゲームが好きなので、体験版をやって気になった「ParAdoX―パラドックス― vol.1 誘(イザナイ)」(以下、パラドックス誘)。

ジャンルとしては「和風伝奇サスペンスノベル」。選択肢有り。

全ルート攻略したのでレビューします。

サークルサイトはこちら
Big IsLand

特設ページはこちら
ParAdoX―パラドックス― vol.1 誘

paradox_vol1_00





【ゲーム紹介・説明】

paradox_vol1_01

タイトル画面。満月が印象的。


paradox_vol1_02

オプション画面。画面右側では現在の画面がフィルムのように流れていく。珍しい。


paradox_vol1_03

背景は写真やフリー素材を使わずに自作している(担当者3人)。気合が入っている。


paradox_vol1_04

最初のイベントCG。
以前の絵はしっかりしたタッチの濃い絵だったが、製品版は線が細く淡い色使いに変更されている。


paradox_vol1_05

立ち絵とメッセージウィンドウ。
背景・キャラ・メッセージウィンドウのどれかだけ目立つといったことはなく、うまくバランスが取れている。


paradox_vol1_06

私服姿。似合っている。
制服姿の時と手の位置が変わるキャラも。


paradox_vol1_07

おそらくこのゲームで一番重要な人物、神楽舞。


ストーリーは主人公の一人称視点で進む。モノローグ多め。
主要人物はボイス付き。

話が1章と2章で分かれている。同じような展開を別視点で見ることになるため、2章目は疲れてしまうかも。



◎Good!
背景や音楽、歌などを自作しているところ。
ボイス付き。
ボリュームが有る。コストパフォーマンスは良い。
ゲーム内に用語集があること。ただし全ルート攻略しても埋まらない。


×Bad…
「~~ね。」という文章が多い。書き手の癖なのかもしれないがモノローグで多用すべきでは無いと思う。
護の音声に雑音が入っている(マイクのオンオフ?)
演出がいまいち。ちょっとしたエフェクトとキャラの立ち絵が拡大されて近寄った表現をしているだけ。
立ち絵のポーズが1~2パターンしかないこと。
表情は変化するが、これも淡い絵柄と相まってどう変わったのかが分かりにくい。
右クリックでメッセージウィンドウが消える仕様だが、イベント絵が少ないのであまり活きていない。普通に右クリックはメニューで良かったかも。

paradox_vol1_99_1
※冒頭のスタッフロール。小さすぎて見えません。

前の体験版の時と同じく、字幕がかなり小さくて見難い。
メッセージウィンドウはまだ見れる範囲だが、ゲーム内用語集「パラペディア」に関しては文字が小さ過ぎて読むのが疲れるor読む気を無くすかも。


※バグや誤字など

・誤字脱字
「昨日は悪かった」←土曜の事を月曜に言っているので二日前のはず。
「保険の先生」→「保の先生」(似て非なる職業)
「物を食べるのには関心できない」→「物を食べるのには感心できない」
「何かを吹き出しだような音」→「何かを吹き出しような音」
「自分で巻いた種」→「自分でいた種」(次に同じ単語が出てきた時は後者になっていた)
「ああいう性格なってしまった」→「ああいう性格なってしまった」
「数メールほど距離が」→「数メールほど距離が」
「恥ずべきこと思えて」→「恥ずべきこと思えて」
「こんなこと」→「こんなこと」(CVは後者の読みだったので単純にテキストミス)
「痛かっため」→「痛かっため」
「元気付けてくれているのだろう事」→「元気付けてくれている事」
「お世辞にも中が良いとは」→「お世辞にもが良いとは」
「関心ね」→「感心ね」

・CVの読みミス
「招き入れる」を「招き入れる」(小鳥)
「あんな嬉しそうな顔」を「あんな嬉しそうな顔」(美琴)
「声掛けて」を「声掛けて」(美琴)

・バグ

paradox_vol1_99_2

朝8時のシーンなのに背景が夕方。


paradox_vol1_99_3

この回想では制服になっているが、初めて見たときは和服だった(ゲーム紹介ラストの画像)。
シーンの繋ぎのために敢えて制服にしたのかもしれないが、やはり違和感が残る。
→その後のシーンで着物姿は引っ越してきた時に一度だけ~とあるので、初めて商店街で見た時の服装が間違い。
→2章目の回想シーンでも私服だったのが制服で回想されている(小鳥)。立ち絵のミス。


paradox_vol1_99_4

メッセージウィンドウが空になるバグがある。他のウィンドウをアクティブにしてしばらくするとなる?
セリフがあった場合、一度空のメッセージウィンドウでセリフが読まれた後にクリックすると、メッセージが表示される。



【感想】

出来が良いからこそ、目立つ粗。

総プレイ時間は16時間。
ストーリーに関して個人的にこれは…と思うところを挙げると

選択肢によって展開が変わるが、その選択肢を選んでどうしてその展開になるのかが意味不明。
高校3年生という設定にしては言動が子供っぽすぎるような。
サスペンス展開に脈絡が無く、急にやってくる。
突然キャラ設定が語られる。もうちょっとそれが分かるような描写があってもよかったような(修一)。

総じて伏線やそれに至る描写が薄く、急に展開が変わったり設定を文字で伝えてしまうため、プレイヤーが面食らってしまう場面が多い。2章目は改善されているが、それでも少なからずそういった場面は有る。

CVに関して。ボイスを個別にオンオフ出来るようになったのは大変有り難い。
個人的に声優さんの実力を評価すると

・良い
小鳥遊 咲(香坂茜)   声優経験豊富。上手い。
霧原 零示(紫堂閑奈)

・普通
鈴村 美琴(天乙准花)   ※ココロコネクト初期EDを歌っている人。この中では一番有名。
伊吹 小鳥(漣みかげ)
伊吹 鷹士(市和正)

・うーん…
神楽  舞(蒼月水樹)   上手くはないがキャラには合ってると思う。
谷村 華奈(七宮さくら)   声がか細すぎてBGMにかき消される場面が…
神楽  護(梅本和紀)
嶋崎 修一(春原正)   ごめんなさい。

となりました。とあるキャラ2名はボイスオフでプレイ。


話を通して某有名同人ゲームを思わせるような描写も多い(田舎に来る都会からの転校生、風土病のようなもの、サークル活動、怪しい医者、金髪で小柄な後輩、ヒロインには昔親しくしていた男がいるが今は行方不明などなど)。
ただしこれらは他のゲームでも散見される「よくあるネタ」なので、あまり気にしないほうが良いかもしれない。



【パラドックス誘攻略】

選択肢は多いが面倒なフラグ管理などは無いため、普通に殆どのエンディングを見ることが可能。
ただし例外があるのでそこだけ攻略。

paradox_vol1_08
※ここの選択肢が重要!どちらを選んでも進む展開は同じだが、その後の選択肢で「お見舞いに行かない」を選んだ後の展開が大きく異なる。



【そして次回作へ】

パラドックスシリーズは全三部作予定。
次回作の特設ページが早くも出来ているのでこちらも要チェック。

ParAdoX―パラドックス―Vol.2鎖(クサリ)
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

なまくろ

Author:なまくろ
TwitterID : @namachocolate
ケータイ:au iPhone6Plus シルバー128GB
タブレットPC:WiFi版iPad3 白32GB
趣味:
ゲーム、同人、アニメ、成年コミックなど。

好きなゲームはDead Space、バイオハザード系、DMC1とDmC。
好きなジャンルのゲームはTPS、アクション、ノベル、STG。
iPhoneやiPadのゲーム、東方STGや同人ゲームなどいろいろやってます。

詳細なプロフィールはプロフィール記事へ。

レビュー依頼は同人ゲームレビューの依頼についての記事を参考に。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プレイ中のアプリ
リトル ノア チェインクロニクル
リンク全般
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。